剣術用の木刀

とんぼ堂の木刀は選りすぐった国産木を充分に乾燥させ、
職人が一本一本手で削り研磨した木刀です。
特に武道上級者の方を対象にしています。

商品は受注生産(国内生産)です。
特注仕様も受け付けております。
格については原材料との関係で変動することがあります)

これらの商品については、メールにてお問い合わせ下さい。

お問合せフォーム

剣術各流派の木刀

(1)白樫・原寸型木刀宮本武蔵の櫂型木刀(原寸型木刀)   
 価格(税別)  16,800円 税別  (赤樫は14,000円)
長さ125.8cm。原形は宮本武蔵が巌流島で佐々木小次郎を破った際に用いたと言われる櫂型の木刀です。巌流島の決闘から約30年後、当時の八代城主・松井寄之の命により、晩年の武蔵が削り上げて献上したもので、松井家(松井文庫)に伝えられていたものを完全に写した木刀です。素振り用に作った現代版の櫂型木刀ではありません。
(2)赤樫・立身流木刀 
立身流木刀
 価格(税別)  15,000円 税別
長さ125.8cm。立身(たつみ)流は室町時代末期のいわゆる戦国時代に興った実戦的な総合武術です。立身流の各種の形は戦国の古式そのままに伝承されたため、外観は虚飾なく一見して地味ですが、実は頗る高度な技術内容の集約で、これが巧妙に構成されており、動く禅とも称されています。
(3)赤樫・天然理心流木刀
天然理心流木刀
 価格(税別)  16,000円 税別
長さ101.5cm。剣術の他に居合術、柔術、棍棒術、気合術を含む総合武術で江戸時代後期に近藤周助の養子である四代目宗家近藤勇が京都で新選組を結成した事で知名度を上げました。柄の太い木刀は他には見ないもので天然理心流のこだわりがうかがえます。
(4)白樫・直心影流木刀
直心影流木刀
 価格(税別)  12,000円 税別
長さ101.5cm。新陰流系と同じ陰流に属する流派で、幕末には男谷精一郎、島田虎之助、勝海舟、榊原健吉などが現れ栄えました。「法定」の形は非常に有名で直心影流の修行はこれに尽きるといっても過言ではありません。木刀も全体に太く重く、気を練る稽古に適しています。写真は法定の形用です。
(5)白樫・警視流木刀
警視流木刀
 価格(税別)  6,000円 税別
長さ101.5cm。明治時代に警視庁で制定された形。木太刀形は10流派から、立居合は5流派から1本ずつ技を採用して構成されています。形の名称と元になった流派名が並記されているのが特徴です。木刀は蛤刃の、長過ぎず短過ぎず、太さも適度でバランスの良い木刀です。
(6)白樫 自顕流木刀
自顕流木刀
 価格(税別)  6,000円 税別 
長さ100.0cm。十瀬与三左衛門長宗が、飯篠盛近に師事して(飯篠盛信に師事したとする伝承もある)天真正伝香取神道流を修行し印可を得た後、鹿島神宮に参籠し天真正自顕流を開きました。この流派は薩摩の示現流の源流とされています。木刀は神道流系の木刀です。
(7)白樫・一刀流木刀
一刀流木刀
 価格(税別)  7,000円 税別 (小刀は5,000円)
長さ98.5cm。戦国時代末期に富田流の流れを汲む伊藤一刀斎によって創始されました。弟子の小野忠明(神子上典膳)が徳川将軍家の剣術師範役になったことから隆盛し、小野派一刀流、中西派一刀流、北辰一刀流などが派生しています。赤樫も承ります。(別注 6,000円)
(8)椿・柳生流木刀
柳生流木刀
 価格(税別)  28,350円 税別 (白樫は8,500円)
長さ101.5cm。愛洲移香斎の「陰流」が上泉伊勢守秀綱に伝わり「新陰流」となりました。これが奈良の柳生に伝わり柳生新陰流が生まれました。柳生新陰流からは柳生宗巖や柳生十兵衛など有名な剣客が生まれています。木刀は古刀の色合いを濃く残し気品に溢れています。
(9)白樫 岩間流木刀
岩間流木刀
 価格(税別)  8,500円 税別
長さ103.5cm。茨城県岩間の地に生まれた岩間流は合気道の開祖植芝盛平によって開花しました。合気道用木刀として知られる岩間流木刀は植柴盛平直伝の合気剣法を基に作られたものです。
(10)白樫 二天一流大刀
二天一流木刀(大刀)
 価格(税別)  6,000円 税別
長さ101.5cm。流祖の宮本武藏(またの名を新免武蔵守藤原玄信)が、その著書『五輪書』の理念を元に最晩年に熊本で完成させた兵法が二天一流です。木刀は細身で鍔が無く、正しい刀法を学ぶのに適した形となっています。流派に関係無く、刃と鎬の使い方を学ぶのにも適していると言えます。
(11)白樫 二天一流小刀
二天一流木刀(小刀)
 価格(税別)  5,000円 税別
長さ65.2cm。二天一流の小刀。細身で鍔は無く、剣道形の木刀(54.5cm)よりも若干長めに作られています。